本当は怖い腎機能低下…腎機能改善には田七人参!

腎臓がどのような働きをしているか知っていますか?

腎臓は、左右対称に腰のあたりに2つあり、そらまめのような形をしています。わたしたちの体を正常に保つ働きを持つ重要な臓器なのです。血液をろ過して、体内で不要になった水分や老廃物を尿として排出する役割をしています。また尿をつくる以外にも、骨を健康に保ったり、血圧の調節したりしているのです。

女性

腎臓の働きを知っていますか? 腎臓の5つの働き

実は腎臓の働きは、とても重要で5つの働きを持っています。

1.老廃物を体から追い出す

血液をろ過して尿や老廃物として排出しますが、体に必要なものは再吸収する働きを持っています。腎臓の働きが悪くなると尿がでなくなり、体内に毒素が溜まってしまい尿毒症という病気になってしまいます。

2.血圧を調整する

水分と塩分の排出量のバランスをすることで血圧の調節をしています。また血圧を安定させるホルモンを分泌して、バランスを保ちます。腎臓と血圧はとても関係が深いのです。高血圧は腎臓の働きを低下させてしまいます。

3.強い骨をつくる

腎臓は、活性型ビタミンDを作っています。これは、カルシウムを体内に吸収させるのに必要なビタミンです。腎臓の働きが悪くなると、このビタミンが作られなくなり、骨が弱くなります。

4.血液をつくる司令塔をする

腎臓から出ているホルモンによって、血液が作られています。腎臓が悪くなると、貧血を起こしやすくなりますが、血液が十分に作られなくなるのが原因です。

5.体液量を調節する

体内にある体液量を調節し、体に必要なミネラルを吸収し、体内のイオンバランスを調節しています。腎臓が悪くなると、これらの調節ができなくなり、体がむくんだり、めまいなどが起こりやすくなります。

あなたは大丈夫? 知らずに腎臓にダメージを与えていませんか?

腎臓は悪くなっても、あまり症状が出にくい臓器です。そのため、知らない間に腎臓にダメージを与えている場合があるのです。また一番やっかいなのは、腎臓の機能が一度ダメージを受けてしまうと再生ができないのです。
腎臓の機能が低下すれば、汚れた血液が全身を廻り、体全体に異常が起こります。そのため腎臓に負担のかからない生活を心がけることが大切なのです。

【腎臓の機能が低下する原因】

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満
  • たんぱく質などの栄養過多
  • 塩分の摂りすぎ
  • 慢性的なストレス
  • 飲酒、たばこ

これらは腎臓の毛細血管で炎症を引き起こす要因です。炎症が長引いてしまうと毛細血管が線維化や肥大を起こし、腎臓の機能が低下してしまいます。

腎臓と田七人参

田七人参は、腎臓の血液の流れを改善する活血作用があります。さらに利尿ホルモンの生成を上げ、尿や老廃物の排出を促します。

また腎臓は感染症に弱い臓器です。ウィルスや細菌が体内にはいってしまうと、血流にのって腎臓に住みついてしまう場合があります。熱や下痢などによって体が脱水を起こしてしまうと、さらに腎臓への負担がかかります。

また田七人参には有機ゲルマニウムという成分が含まれているため、ウィルスや細菌を撃退するインターフェロンの働きが活性化する効果があります。そのため免疫力も上がり、感染症にかかりにくくなります。

肝腎要(かんじんかなめ)の字のように、わたしたちにとって腎臓は肝臓と同じようにもとても重要な臓器です。気付かないままに、腎臓病にかかってしまうこともあります。
気になる生活をしているあなた。予防のために、さらに対策のために田七人参を摂りいててみてはいかがでしょうか?