我慢できないかゆみを緩和?アトピーにも田七人参

湿疹やかぶれ、さらに強いかゆみを伴う「アトピー性皮膚炎」。乳幼児に発症しますが、最近では大人になってからアトピーを発症するかたも増えています。原因はさまざまですが、症状はなんとは抑えたいもの。実は、田七人参にもアトピーといったアレルギー症状を抑える効果があるのです。

pixta_18475296_700_440

アトピー性皮膚炎ってどんな症状?原因は?

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹が良くなったり、悪くなったりと繰り返す皮膚の病気です。季節の変わり目に症状が悪化しやすく、アレルギーを起こしやすい体質や皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられます。

アトピーになる原因は、遺伝や食事ハウスダストやカビ、ダニなどのアレルギーが原因といわれていますが、生活習慣や生活環境がかなり影響しているようです。

またアトピー体質として、遺伝的要素もかなり高いといわれています。これは、家族がアレルギーの病気をもっていて免疫反応に対する抗体(IgE抗体)が異常に多いことが原因とされています。

またアトピーの人の肌はバリア機能が弱いため、肌の保湿成分やセラミドが少なく、乾燥肌になりやすく、アレルギーの原因となる異物や細菌が侵入しやすく、汗や化粧品、金属の刺激にも弱くなりかぶれやすくなります。

アトピーをさらに悪化させてしまう要因として、ストレスがあげられます。大人になってアトピーを発症する場合、生活環境が原因とされています。ストレスにより自律神経のバランスが悪くなってしまい、アトピーを発症してしまったり、ストレスでかゆみがひどくなってしまう場合もあります。

かゆみにも炎症にも田七人参がいい?

アトピーで一番辛いのは、繰り返してしまう強いかゆみや湿疹ではないでしょうか?

湿疹の症状もさまざまで、乾燥が強くささくれたり、じゅくじゅくと液体を伴ったり、ひりひりと痛痒かったりします。また症状が出る部位も関節の内側や皮膚の弱い部分に出てくるといわれています。

実はこの湿疹である炎症に、田七人参が効果があるのです。田七人参だけに含まれるデンシチンは、血小板を増やす効果があります。血小板には血を止めて炎症を抑える効果もありますが、炎症の原因とされているヒスタミンを抑制する効果があります。

またアトピーの症状を悪化させる原因は活性酸素の発生です。活性酸素はストレスや紫外線などが要因として発生します。田七人参に含まれるフラボノイドが、この活性酸素の発生を抑制します。

田七人参に含まれるサポニン、フラボノイド、有機ゲルマニウムが免疫力を上げることで、アレルギー症状の抑制につながっているのです。かゆみの炎症の悪化サイクル(かゆみ→かきこわす→炎症の悪化)の連鎖を断ち切ってくれるのです。

アトピーと田七人参

田七人参が皮膚の炎症を抑えてくれることで、アトピーの症状を軽減することができます。

またアトピーの症状が落ち着いた方でも、田七人参のもつ活血作用が炎症で黒ずんでしまった皮膚を改善する効果があるといわれています。

アトピーは、日々の生活の中でアレルゲンとなるものは避けることが大切です。また肌を清潔に保ちストレスのない生活を心がけてくださいね。