コレステロール値を下げる成分&サプリメントを徹底解説

pixta_16546793_S

コレステロールと聞くと、なんだか身体に悪そう…というイメージを持っていませんか?実はコレステロールは、人間が生きていくうえで必要不可欠な成分なのです。

ただし、体内のコレステロール値は高すぎても低すぎても身体に害を与えてしまいます。コレステロールについて学び、どうしたら適性値におさめられるのか、考えてみましょう。

コレステロールとは?

コレステロールの役割

コレステロールは、人間の体内に存在する脂質の一つです。人間の全身を作る細胞は細胞膜という生体膜で被われていて、この細胞膜をコレステロールが形作っています。

この細胞膜は、細胞内部を保護しつつ、外部からの物質やエネルギーを出入りさせる、とても重要な役割を担っています。

特に脳や神経系においては、神経細胞の電線の役目となる神経繊維を、コレステロールが絶縁体のように被うことで、脳の情報を素早く正確に体の隅々へ伝達できます。

また、男性ホルモン・女性ホルモンなどのステロイドホルモンや、脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸などを作る材料にもなります。ビタミンなどを代謝するのにも、コレステロールが使われています。

善玉コレステロールや悪玉コレステロールについて

コレステロールは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールに大別できます。悪玉コレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを全身に運ぶ役割を担います。善玉コレステロールは、余ったコレステロールを回収する働きをしています。

悪玉コレステロールの働きは、決して「悪」ではないのですが、増えすぎると動脈硬化の原因になり、少な過ぎると脳出血の原因になります。

このような性質から、「悪」という名が付けられたようです。逆に善玉コレステロールは、過剰なコレステロールを減らしてくれるので、「善」の名が付けられています。

別名を、善玉コレステロール=HDLコレステロール(高比重リボたんぱく質)、悪玉コレステロール=LDLコレステロール(低比重リボたんぱく質)と言います。

コレステロールの正常値

血液検査の際には、総コレステロール値、善玉コレステロール値、悪玉コレステロール値をそれぞれ測定します。

このうち、病気の診断に最も使われるのは、悪玉コレステロール値です。特定健診時の悪玉コレステロール値は、60~119mg/dlが標準ですが、これは予防の観点からかなり低めに設定されています。

日本動脈硬化学会では140mg/dlを標準値に、人間ドック学会では、男性の場合で72~178mg/dlを標準値としています。血液中に悪玉コレステロールが増えすぎると、動脈硬化になりやすく、心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な病気に繋がりかねません。

反対にコレステロールが少なすぎても、血管が細く弱くなり、脳出血を引き起こす原因となります。下限は、善玉コレステロール値の場合で40mg/dl未満を低コレステロール血症と呼んでいます。

コレステロールが高くなる原因は生活習慣にある

食生活

チーズやバター、ラードなどに含まれている不飽和脂肪酸は、コレステロールを上げる原因になります。マーガリンに含まれるトランス脂肪酸は、悪玉コレステロールを増加させて動脈硬化を促進させる原因です。

運動不足

運動不足の場合、体内の代謝機能が低下することで、コレステロール値が高くなります。

喫煙

煙草に含まれるニコチンは、善玉コレステロールを減少させて、悪玉コレステロールを増加させる働きがあります。

飲酒

少量の飲酒には、コレステロール値を下げる効果があります。アルコールの摂取によって、血流が良くなり代謝機能が上がるためです。しかしながら過度の飲酒は、肝臓の機能を低下させてコレステロール値を上げてしまいます。

ストレス

過度のストレスは、身体が防衛反応としてコレステロールを作り出してしまいます。

睡眠不足

睡眠不足により成長ホルモンの分泌が減り、脂肪の燃焼が抑制されるため、結果としてコレステロールの増加に繋がります。また、睡眠不足はストレスに直結しやすく、内臓機能の低下も招きます。

コレステロールを下げる成分&サプリメント

「白井田七」

白井田七

商品名 白井田七 (販売:和漢の森)
成分 サポニン、フラボノイド、必須アミノ酸、ナトリウム、ビタミン、マグネシウム、亜鉛、デンシチン、ステロール、アミノ酸19種、カルシウム、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミン12、田七ケトン、リン、鉄、葉酸、銅、マンガン、カロチン、ビタミンB1、カリウム、有機ゲルマニウム
通常価格 6,480円(税抜)/120粒(約1ヶ月分)※パウチタイプ
初回定期価格 1袋コース:3,980円(税抜)
2袋コース:7,960円(税抜)
定期価格(2回目以降) 1袋コース:5,184円(税抜)
2袋コース:10,368円(税抜)
対策成分 サポニン
おすすめ度 ★★★★★



「白井田七」は田七人参という特殊な人参を基にした漢方サプリメントです。田七人参には高麗人参の約7倍ものサポニンが含まれています。

サポニンは活性酵素を抑制し、血液中の不要なコレステロールを体外へ排出する役割を果たします。無農薬にこだわった安全な栽培ができるよう、中国雲南省の標高1800mの山を一つ丸々借り切って栽培しています。

「白井田七。茶」

白井田七。茶

商品名 白井田七。茶(販売:和漢の森)
成分 ミネラル、テアニン、エピガロカテキンガレート、メチル化カテキン、サポニン、フラボノイド、必須アミノ酸、ナトリウム、ビタミン、マグネシウム、亜鉛、デンシチン、ステロール、アミノ酸19種、カルシウム、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミン12、田七ケトン、リン、鉄、葉酸、銅、マンガン、カロチン、ビタミンB1、カリウム、有機ゲルマニウム
通常価格 3,728円(税抜)/1箱(30包)1~2カ月分
初回定期価格 1箱(30包):1,980円(税抜)
定期価格(2回目以降) 1箱(30包):3,168円(税抜)
対策成分 サポニン・カテキン
おすすめ度 ★★★★


有機栽培の田七人参を使った健康サプリメント白井田七と、カテキン・ビタミン・テアニン・サポニン・ミネラルといったたくさんの成分を配合している静岡県産のお茶を使用した粉末緑茶です。

カテキンにはコレステロールを抑制する作用があります。カテキンを摂取することで、悪玉コレステロールのみが低下し動脈硬化の予防に役立ちます。

目安摂取量は一日一杯~三杯なので、飲みやすさという点でも魅力的な商品です。

「きなり」さくらの森

きなり

商品名 きなり(販売:さくらの森)
成分 DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆菌培養エキス、 ビタミンE含有植物油(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、 オレンジ香料、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
価格 5,695円(税抜)/120粒(約1ヶ月分)
初回定期価格 1袋:1,833円(税抜)
定期価格(2回目以降) 1袋:3,790円(税抜)
対策成分 DHA・EPA
おすすめ度 ★★★★



コレステロールを下げるには、青魚に含まれるEPAやDHAが効果的です。「きなり」では、国産のカツオから抽出した魚油を使用しています。さらにEPAやDHAは熱に弱いため、クリルオイルを用いて新鮮さを保っています。納豆の粘々要素であるナットウキナーゼも含んでいるため、これ一つで魚と大豆の両方の栄養素を摂取できます。

「さかな暮らしダブル」

さかな暮らしの商品画像

商品名 さかな暮らしダブル(販売:マイケア)
成分 動物油脂(魚油)、クリルオイル(オキアミ抽出物)、コラーゲンペプチド/ゼラチン、グリセリン、L-グルタミン酸、クエン酸
通常価格 2,800円(税抜)/180粒(約1ヶ月分)
対策成分 DHA・EPA
おすすめ度 ★★★



「さかな暮らしダブル」はイワシの油を原材料として使用しています。新鮮なマイワシやカタクチイワシから採れたEPAやDHAを豊富に配合しています。

普段あまり魚を食べる習慣のない方にはおすすめです。コレステロールを下げる作用の他、加齢による物忘れや注意力不足などの認知機能の一部の維持にも効果的です。

コレステロールを下げる成分を含んだ食材まとめ

青魚(サンマ、カツオ、イワシ、サバ、ブリなど)

青魚の油に多く含まれているDHAやEPAには、悪玉コレステロールを減らす働きがあります。刺身やあら汁、蒸し焼きなどの方法で、油を残さず食べるのがおすすめです。

大豆(豆腐、納豆、豆乳、おからなど)

大豆や胚芽に多く含まれる植物ステロールには、コレステロールの吸収を妨げる役割があります。メインが肉や魚ならば、副菜に大豆製品を取り入れるように工夫しましょう。

野菜(ごぼう、ほうれん草、アボカド、ブロッコリーなど)

特に食物繊維が多い野菜がおすすめです。食物繊維はコレステロールを包み込んで、体外に排出する役割を果たしてくれます。繊維質の野菜を多く摂るように心がけましょう。

きのこ(干ししいたけ、きくらげ、まいたけ、なめこ、しめじなど)

きのこ類も食物繊維が豊富なのでおすすめです。なお、しいたけは生よりも干したものを戻したほうが、食物繊維の量が2倍になります。

海藻(海苔、ひじき、わかめ、こんぶ、めかぶなど)

野菜やきのこ同様に、海藻類も食物繊維を多く含んでいます。副菜にぜひとも取り入れたいですね。

穀物(玄米、五穀米、十三穀米、ライ麦など)

未精製の穀物には、コレステロールを下げる役割があります。ただし、白米など精製された穀物では逆効果なので、気を付けましょう。

サプリメント以外にコレステロールを下げる方法

食事

飽和脂肪酸を多く含む動物性の脂肪(バターやラードなど)は、悪玉コレステロールを増やす原因になります。不飽和脂肪酸を多く含む植物性の油脂(オリーブ油やキャノーラ油など)に切り替えていきましょう。

えごま油やしそ油も効果的です。コーン油やごま油は、悪玉コレステロールを減らす働きがありますが、摂り過ぎると善玉コレステロールまで減らしてしまいます。摂り過ぎにも注意が必要です。

調理時の油はなるべく控えめにして、肉に関しては、バラ肉やロース肉などの脂身が多いところよりも、ヒレ肉やモモ肉、ささみなどを食べましょう。調理時に皮や脂身を切り落とすのも効果的です。

禁煙

禁煙によりニコチンの摂取を控えることで、コレステロールの増加を抑制できます。

運動

運動不足を解消するためには、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。無理のない範囲から始めて、少しずつ続けられるようにしていきましょう。

病院でもらえる薬

食事療法や他の方法を行ってもコレステロール値が改善しない場合、医師の判断によって投薬を受けることがあります。一般的に投薬を受けるには、次の数値が目安となります。

・他に異常が無いとき:総コレステロール値 240mg/dl以上
・危険因子があるとき:総コレステロール値 220mg/dl以上
・狭心症や心筋梗塞になったとき:総コレステロール値 200mg/dl以上
(※危険因子とは、45歳以上の男性、閉経後の女性、喫煙、高血圧、肥満、家族に冠動脈疾患の方がいる、耐糖能異常、脳・抹消血管障害、他の脂質異常症等があることを指します。)

投薬治療の場合は並行して食事療法も進めていき、服薬に関しては必ず医師の診断に従いましょう。

まとめ

コレステロールの善玉と悪玉は、単純な「善」と「悪」ではなく、両方が必要な存在なのですね。どちらかが多過ぎても少な過ぎても、バランスが悪くても体調を崩してしまいます。

もし日頃の生活の中でコレステロールの調整が難しいなと感じる場合、サプリメントを上手く取り入れてみましょう。EPAやDHAといった成分を含むサプリメントは数多くありますが、やはり青魚を食べるなど日常の食事から摂取することを心がけることも重要ですね。

一方で、漢方サプリメント「白井田七」は、日常の食事からは容易に摂取できないサポニンを多く含んでおり、特におすすめです。日頃の生活習慣改善とサプリメント活用で、コレステロールと上手に付き合い、健康の維持増進を図りましょう。

bana-